中冷の取り組み

品質生産管理

信頼を得るための、徹底した品質管理体制

当社では、お客様に喜んでいただける商品を提供するため、品質・生産における管理を徹底しております。出荷検査に合格したらそこで終了ではなく、お客様がお口にされるまでの安全性を保てるよう、営業・販売などの現場スタッフと連携しながら、品質管理に取り組んでおります。
品質においては、衛生検査、原材料受入検査、製品官能検査、理化学検査から成る検査体制や、IQF凍結(※)と呼ばれる急速冷凍技術で、商品のクオリティを追求しています。また、生産においては、当社も含めたニチレイフーズグループの9つの生産拠点(自営工場、投資会社)が、稼働率・廃棄量・クレーム・安全管理・歩留まりの5項目で各生産拠点が目標を設定し、結果を競い合うことで、高いレベルのパフォーマンスを実現しています。特に当社では、日常の業務の中に身近な活動として、2S活動(整理、整頓)を取り入れて全社的に取り組んでいます。

※IQF凍結とは、『Individual(ひとつひとつ) Quick(すばやく) Frozen(冷凍)』の略です。

クレーム・ゼロを目指して

当社では、お客様からのご指摘をクレームと呼ばずにカスタマー・ボイス(CV)と呼んでいます。これは、お客様からのご指摘をお客様の声として真摯に受け止めようという姿勢からです。当社の工場では、製品への毛髪混入防止のためのローラー掛けひとつでもポイントをおさえて丁寧に行うことや、髪の毛が着衣からはみ出さないようにすることなど、さまざまな改善を行っています。
その結果として、ニチレイフーズグループの全生産拠点(国内、海外)で展開している「いいこと改善提案」において、当社のクレーム・ゼロ委員会(現在は、CV・ゼロ委員会として名前を変えて継続活動中)が09年度の「いいこと改善大賞」を受賞いたしました。当社で行う改善活動はトップダウンによるものでなはく、ボトムアップからの自主性を重視した活動となっています。
社員全員が高いモチベーションを持って改善活動に取り組んでいます。

事業理念

私たち株式会社中冷は、マーケティング、商品企画・開発、原料の調達、製造、流通、販売・サービスに至るすべてのプロセスで、全社員が常に品質の確保、向上に取り組んでまいります。
安全で美味しい加工食品を追求することで社会から認知されて、愛される企業となることを目指します。