中冷の取り組み

次世代育成支援

男女ともに働きやすい職場環境へ

2003年に「次世代育成支援対策推進法」が施行されました。
次世代育成支援対策推進法は、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備を行うための法律です。
この法律に基づき、当社も労働者が仕事と子育てを両立できるような環境を整備する一端を担い、次世代育成支援対策として「一般事業主行動計画」を策定しております。

中冷 行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

令和2年4月1日から令和5年3月31日までの3年間

2.内容

目標 1 : 男性が育児休業を取得。計画期間中の男性育児休業者3名以上
令和2年4月~ 対象者に、制度の案内、及び取得について配慮する。
目標 2 : 育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備として、育児休業等諸制度を周知する
令和2年4月~ 対象者に対し、制度の案内、及び取得について配慮する。
目標 3 : 所定外労働を削減するため、全社一斉退社日を年3回実施する
令和2年4月~ 全社一斉退社が可能な日を各部署と調整し実施する。
目標 4 : 妊娠中の女性社員の母性健康管理についてのパンフレットを作成して対象社員に配付し、制度の周知を図る
令和2年4月~ パンフレット作成のための情報を収集する。
令和3年度   制度に関するパンフレットの作成及び配付。
目標 5 : 県内及び近隣県の学生を対象に、インターンシップの機会を提供する
令和3年6月~ 県(インターンシップ推進協議会)からの受入要請に対応する。